障がいの種類説明

ここでは日本での障がい者がどのような制度によって生活しているのかを簡単に解説したいと思います。

障害者手帳の種類は3つ

① 身体障害者手帳(身体障害)

② 精神障害者保健福祉手帳(精神障害)

③ 療育手帳(知的障害)

障害者手帳の意味

色々なサービスを受けるのに
必要な手帳

つまり・・・

障害者手帳だけではその人がどの様な特性を持っているとかはわかりにくい

障害区分認定

区分1から区分6まで設定

方法

調査項目

支援区分でわかること

どの程度(時間や方法)
支援が必要な人なのか?
ということ

医師の診断名

医師の意見書も提出されるので医師の診断書はとても重要

まとめ

手帳の種類

支援区分

診断名

この3つがあればカテゴライズは可能ですよということです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です