視覚障がい者向けのウォレット(理想)

現在開発が進んでいるのは商品情報の読み取りであり、決済システムではない

お金を支払うという行為がどれだけ他人に依存した行動なのか?目に見えない分そのリスクは高くなります。

 今支払っているものが本当に1万円なのか?視覚情報がなくて相手は視覚情報を持っている。この情報の非対称性のある環境下で自信を持っていうことはかなり難しいというわけです。

欲しいシステムはARグラスに音声インターフェースで送金できる仕組み

この2つで商品情報を読み取り、決済の指示も行うことができるシステムを作ることができれば、視覚障がいの方でも、以前と比べて安心して買い物をすることが可能になる。

マルチシグを付け加えてセキュリティを向上させる

マルチシグによる複数人管理でセキュリティ向上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です